シーモスの通信講座TOP > 回路設計CAD通信講座案内 > 回路設計CAD入門講座

型どおりの解答解説ではなく、テキスト執筆者の講師が受講生ひとりひとりに合わせた個別指導を行います

  • 回路設計CAD入門講座のタイトル
  • 回路設計CAD入門講座の内容
  • 回路設計CAD入門講座の教材
  • 回路設計CAD入門講座のテキスト


 回路設計CAD入門講座 


 講座形式: 
 通信講座 


 使用ソフト: 
 LT-Spice(リニアテクノロジー) 


 講座運営:
 ㈱シーモスデザイン 

入門講座 ~入門者が基礎から学び設計できる~
回路設計CAD LTspice 入門講座

~CAD(キャド)の基本とやさしい(電気・電子)回路設計を学ぶ~

通信講座

内容:テキスト1冊、オリジナルCAD操作マニュアル1冊、オリジナルCAD操作マニュアル(抜粋)1冊、DVD1枚、
   8000円 通信添削1回 質問回数無制限サポート(サポート期間2か月)
※はじめてアナログもしくはデジタル回路設計CAD講座をお申し込みになると、無料で受講いただけます。

【講座内容】

・LTspiceで回路設計CADの基本操作の練習・理論
・電子回路の基礎・作図
・回路設計の考え方
・LTspiceで回路シミュレータの基本操作の練習・理論
・ソフトの環境設定も講座に含まれています!
・最新LTspice17に対応しています。

回路設計CADシミュレータLTspiceについて

LTspiceは米国リニアテクノロジー社がリリースしているCADシミュレーショタです。CADで作図した回路図面をネットリストに変換し、それをもとにシミュレーションを行います。
リニアテクノロジー社は現在は米国アナログデバイセズ社と経営統合し独立した企業ではありませんが社名は存続しています。一言で言うとアナログ半導体メーカーです。リニアテクノロジー製品をシミュレーションしてもらうためのツールであり、販促ツールです。ですからフリーソフトとしてこれほど高性能なCADシミュレータが公開されているのです。
ですからLTspiceの部品ライブラリにはたくさんのリニアテクノロジー製品が収録されています。LTspiceは世間で定番の回路設計ツールとして広く認識されています。LTspiceを使えること自体が一つのスキルであり、 また高額なシミュレーションソフトを導入できない、必要ない設計の現場では重要な設計ツールとしての地位を確立しています。

LTspiceは入門者からプロまで使いやすく高性能な素晴らしいCADシミュレータです

シーモスのCAD通信講座で回路設計できるようになる


本質を学ぶ、だから変わらぬ価値がある

単純化して考え、本質をとらえ、設計力を養い応用力をつけるシーモスの通信講座

こんな経験はありませんか?
●問題集の例題は解けたけど、できるようにならない。
●マニュアル通り進めることはできるけど、不測の事態に対応できない。
●はじめてみる問題に歯が立たない。
解答解説を読んで納得しただけで真の実力はつきません。

○単純なパソコン操作と違い、すすめるスピードは人それぞれ だから技術系講座は周りを気にせず落ち着いて取り組める通信講座が最適です!

○シーモスの通信講座の目的は「単純化して考え、本質をとらえ、設計力を養う」ことです。問題演習を重視することで、最終的に技術者としての発想や思考力を身につけていきます。

回路設計者になりたい、入門者が基礎から学べるCAD通信講座 設計がしたいけど、だれも教えてくれないし、どうすれば設計を覚えられるのかわからない・・・

理工系の勉強をしている多くの人は設計職を目指します。
単なる作業者でなく、世の中に流通する製品を創造する設計職は理工系の花形です。
でも学校で習ったり、または独学で本を読んでみても設計力は簡単に身に付くものではありません。
そもそも「設計」とはどういうことか具体的にイメージできないのではないでしょうか?

39歳・完全未経験
→メーカーの回路設計職へ見事採用された受講生もいらっしゃいます!

シーモスの通信講座は受講生の方の目標達成のための通信講座です。
求人票に経験者のみと書いてあってもスキルとやる気で採用されます!

できるようにならない方、頑張っても採用されない方にはそれなりの理由があるのがほとんどです。
根本的な問題に気づいていない場合がほとんどです。
講師と質疑応答・対話する中でその理由を解明し、解消し、目標を達成するための通信講座です。
学習したことを職場で生かさなければ意味がないというのがシーモスの根本的思想です。

技術職をこころざす方誰もが、もっと手軽に回路設計CADにチャレンジできるようにしたい。
入門者が基礎から学べるようにとのコンセプトから回路設計CAD講座を開講しました。

現職でのスキルアップ目的や、製品制作や試作等を目的に受講される方も多数いらっしゃいます。
基礎から学ぶので、技術セミナーなどでついていけなかった方でも安心してお申込みいただけます。
受講前のご相談もお気軽にお問い合わせください。

回路設計とは何か


資料請求
なんでも質問
できる理由
受講申込み